ぎゃらりぃ浅羽のオーナーblog


by ぎゃらりぃ浅羽

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの

今年は余りお花は咲かなかったのですが、その後に咲いてくれた山野草たちです。


岩フジ

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00484735.jpg

梅花うつぎ

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00494052.jpg


ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00494381.jpg


八重のドクダミ草

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00504120.jpg


ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00504456.jpg


シモツケソウ

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00525540.jpg


山アジサイ

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00535212.jpg


二人静

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00543299.jpg


ムラサキシキブ…鳥さんからのプレゼントですが、名前は合っていますでしょうか?

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00563575.jpg



ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00570390.jpg


ヤブラン

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00572760.jpg


白の水引草

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_00592095.jpg


夏フジ

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_01000118.jpg



以前にも綴りましたけれど、お友達からいただいたオカトラノオは、もう10年以上も花を咲かせてはいませんでした。


ですけれど毎年青々と葉っぱだけは茂ってくれるのです。


お店の横のスペースで、植木鉢を置いて雨の当たる部分はこれだけなのです💦


ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_01060598.jpg


ですので正直なところ、いくら葉は茂ってくれても何年も花が咲かないのであれば少し迷惑な存在でもあり、何度か撤去しようかと迷いました😥


ですが毎年健気に葉が出てきてくれるのに、とてもそれは出来る事ではありませんでした。


ところがところがです、今年咲いてくれたのですよ❣️

ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_01220506.jpg


そしてもう一つ、半夏生(ハンゲショウ)なのですが、こちらもオカトラノオと同じくらい長く花を咲かせる事もなく、名前の由来のとおりに葉の部分が半分白く化粧をした様になるという事もなく、ただ葉っぱだけは青々と茂ってくれていましたけれど、どうしたものかと悩みのタネでした。


ところがところがです、こちらも化粧をしてくれたのですよ❣️


ボランティア活動、私を奮い立たせたもの_a0269183_01335905.jpg


毎年眺めては思案していた私の心を、深く反省させられる出来事でした🙇‍♀️


簡単に答えを出してはいけない、長い目で物事を見なければと教えてくれたのだと思います。





以前にも少し触れた事があるのですが、私が30歳後半の頃からだったでしょうか、ボランティアで6年半程の間中学校の部活で監督、コーチとして卓球部の指導をしていました。


学生時代にかなり熱心に卓球に打ち込み、山口に住む様になってからも地区の体育祭に駆り出されたりしていたものですから、その噂を生徒が聞いて是非指導に来て貰いたいと顧問に申し出たのが始まりでした。


突然の顧問の先生からの連絡で驚きはしたものの、子供達のたっての願いとあってお引き受けする事にしたのです。


後から聞いたところによると、職員会議では外部からの指導者を校内に入れる事に賛成と反対が半々だったとか。


何の資格がある訳でもなく、どの様な人間かもわからないまま学校内に部外者を入れ、子供達の指導者にさせるなどとむしろ暴挙であり、反対されるのは当然の事と思います。


よく門戸を開かれたものだと感心するほどです。


今はどの様になっているかわかりませんけれど、当時は部活には熱心な先生だけが指導に出られて、強制的ではありませんでした。


指導者の居なかった卓球部は、私が出だした頃は卓球台の周りで皆鬼ごっこをして遊んでいました💦


男子も女子もとなるとどっちつかずの中途半端になってしまうので、男子にはとても気の毒でしたけれど指導に出て欲しいと申し出た子が女子でしたので、時には試合前に男子も見る事がありましたけれど女子の指導に専念しました。


私もそうであったように、取り敢えず卓球部にでも入ろうかという動機で入部する子が多く、毎学年卓球部は入部者が多かったです。


押しつけではなく、子供たちの方から強くなりたいと願った想いがきっかけでしたので、毎学年私がどの様な経緯で指導者として出ているのか何の説明もどこからもありませんでしたけれど、どの子達も一生懸命頑張ってくれました。


最初は一回戦で敗退していましたのが、すぐにそれなりの結果が出る様になりました。


日本中学校体育連盟が主催する県予選の大会に出場するには、当時四つのシングルスとダブルスが一つで、ベストメンバーで戦うと8名しか出してあげる事が出来ません。


メンバーを決定する前はいつも3年生全員でミーティングをして、普段の練習試合の結果などを元に皆が納得出来る様にレギュラーを決めていました。


ですけれど、他の子達も試合に出してやりたい。

そうなると日曜日に開催される県や市の一般の大会は参加者に制限がないのです。


希望者には参加させてあげられる様、いつも試合には引率しました。


三年生は誰一人参加しない者はいませんでした。


その内よく大学生や一般の人達からも、少しは手加減してねと言われる様になるほど上達しました。


試合に勝つ様になると子供達もより意欲が出て、皆のやる気に応えるべく私の指導者生活も土曜日も日曜日もなくて、一年の内お休みはお盆とお正月の3日間だけとなりました。


出来るだけ長く練習の相手をしてあげたいけれど三年生全員を平等にとなると、一人5分ずつ位しか時間が取れませんでした。


それでもその時間は皆真剣に向かってきました。


顧問の女性の先生はとても物静かな運動などとはかけ離れた方で、部活をしている体育館に覗きに来られることもありませんでしたけれど、
登録されていたのでしょう、公式戦で私がベンチ入りする時がいつも唯一ご一緒にお喋りする時間でした。


練習の状況などをお話しすると、試合の前日まで皆平等に同じ練習をしている事に、試合前くらいはレギュラー中心にされて良いですのにと気を遣って下さったり、子供達へのアドバイスを感心しながら聞かれたり、職員室では目立たなかったり、むしろ目を付けられている子が試合で活躍しているととても驚かれて、今日は⚪︎⚪︎さんdayですね、と感激されたりしていました。


本当に全面的に理解し信頼して下さっていたと、とても有り難く感謝しています。



一度だけ、事と次第によってはやめようかと思った事がありました。



公式戦前のある夜、生徒のお父様からのお電話でした。


ご挨拶の言葉もないまま、怒りを押し殺した様な低い声で、どうしてうちの娘を試合に出さないのかという抗議のお電話でした。



私は毎回の、生徒達とのミーティングで話し合って出来るだけ公明正大に決める公式戦でのレギュラーの選び方などご説明し、私としては変更する意思はありませんけれど、これは私一人で決定出来る事ではありませんので顧問や学校の意見を伺いますとお返事しました。



翌日顧問の先生にご相談しましたところ、毎日見ている私の判断が一番間違いがないと仰って、そのままで良いということになりました。



あの時もし抗議に屈して変更する様な事になればこれから先も起こり得る事で、生徒達に申し訳が立たないと思い、やめる覚悟でおりました。


その後お父様からは何のご連絡もありませんでしたけれど、その子が卒業して2年程経ったある日、たまたまお母様と道で出会いました。


どうもお父様からのお電話はご存知ない様でしたけれど、元々余りお話しも上手に出来ない内向的な所のあった子でしたので、高校に進学してからはお友達も出来ずに一人孤立していて、中学校の部活でどれだけ庇って頂いていたかを思い知りました、とお話しされました。


手の届かない所に行ってしまった子の姿を思い浮かべてどうしているだろうかととても心配になりましたけれど、どうする事も出来ませんでした。



6年余りの間には色々な子供と出会いました。


深い傷ではなかったけれど、手首に幾つかの傷を付けている落ち着きのない子がいました。


その子はいつもお返事が素晴らしくハキハキと出来る子で、あなたは本当に返事美人だねって褒めると、その日から表情が輝く様になって明るくなりました。


誰しも認められたい、褒められたいという欲求はありますけれどこれが親子だと中々難しくて、第三者だからこそ出来るという事もあります。


又生徒会長も務めるキャプテンでしたけれど、ある時話を聞くと、いじめに合っているとの事。

その子はお勉強もよく出来て、周りの皆より少し大人の雰囲気を持った子でした。


その事がまだ子供っぽいままの子達からすれば面白くなかったのでしょう。


表立って庇うと逆効果になりますので、もう少しして高校生になるとあなたに合うお友達が出来るからと陰で支える様にしました。


卒業後話を聞きますと、当時は涙で目覚めたこともありましたけれど、今なら笑って会えるとの事でした。



運動神経はイマイチなのだけれどやる気のある子で希望すれば、使いこなすのが難しいけれど特殊な回転のかかるラバーのラケットで挑戦するよう指導し、それぞれが成功しました。


三年生の最後の県大予選ではリーグ戦でしたので、最後に公式戦に全員を出してあげるチャンスですので、オーダーを組むのにとても苦心しました。


ベストメンバーで戦えば間違いなく勝てる試合でもその中に負けるかもしれないメンバーを組み込むと、試合はやってみなければわかりませんので一つ間違えれば勝てる試合も落としてしまう、大きな賭けでした。


それでもたとえ落としても他のメンバーでカバーして、どの学年も外す事なく全員を参加させる事に成功しました。


これは神様からのご褒美だと思っています。


もう一つ神様からのご褒美と思えるのは、公式戦以外の試合を私一人で引率していて、6年間余りの間事故やトラブルなど何も起こらなかった事、これは本当に幸運だったと思います。




途中で他校に優勝請負人の様な先生が転校して来られて、そちらはレギュラーメンバーだけに練習をさせて、遠征に連れ歩かれたり合宿をされたりと当時の中学生には珍しい過激な指導をしていらっしゃいました。


勝たせる為には、それが近道だと思います。



ですけれど皆平等に練習していても、ある程度互角に戦う事が出来ました。



常に強く意識していたことは、子供達に平等である事、そして押し付けないという事でした。



私は部外者が関わる事に、もし何か不都合な事が起こればどうぞもうご遠慮下さいという事になるでしょうから、そうなれば子供達の折角やる気になっている気持ちが宙に浮き、閉ざされる事になりますので、何事も起こらぬ様いつも心に鎧をまとっている状態でした。


何故部活に教師が出ないのかだったり、何故部外者が出ているのかだったりが問題にならない様に、このまま子供達に指導を続ける為には目立たぬ様にひっそりとしている必要がありました。


誰に頼る事もなく、誰に相談する事もなくたった一人でやり通せたのは、これも神様からのご褒美だったのだと思います。


6年間の指導の後、当時は山口を離れる事になっていましたので、その後の生徒達の事は卓球の指導が出来る、私も存じ上げている先生も転校して来られていましたのでお任せしていました。


ところがキャプテンの子が引っ越し先に電話をしてきて、色々相談をするのです。


その度電話を掛け直して相談に答え、とうとう最後の学年の子達の夏休み中の引退試合にはホテルに泊まりながら応援に駆けつけました。


そして県大会出場が叶いました👏


その後結局又新たに山口で居を構える事になるのですが、お話しはあったものの卓球の指導は御辞退しました。


もしあの時お受けしていたら、ここまでという線引きが出来なくて、未だ続けていたかもしれません😅


ジャージ姿で通した年月でしたけれど、その後180度方向転換して、お知り合いだったヨーガンレールのブティックのお店を、次のスタッフが見つかるまでという約束でお手伝いする事になるのです。


精神的にも不安定な中学生の女子を相手の部活動は、技術指導だけだは済まなくて、色々やらかしてもくれましたけれど、一人は事情があって辞めましたけれどトラブルがあった訳でもなく円満にで、後全員がどの学年も最後まで退部する者はいませんでした。


引退後最後の締めくくりは、自宅に皆を招待する事と、全員で遠足に行く事で送り出していました。


何処に行きたいか皆で相談しておきなさいというと、どの学年も必ず最初は徳山市にあるボートレース場、「徳山ボート」と言ってボケるのですよ😆


そして必ずどの学年も、最後は宇部市にあるときわ公園に落ち着くのです🎡


そちらには動物園や遊園地もあって、お昼はお休みの日にお弁当を作って頂だくのは申し訳ないので、中にあるレストランでご馳走するのが恒例でした。


この話は、私も一旦引っ越して山口を出ていますし、住まいも当時とは違って別の所に住んでいて最初に指導して欲しいと学校に要請した子以外お付き合いも途絶えている上、ブログをしていることは誰も知りませんので、綴っても差し障りがないと判断しました。


皆どの学年も本当に良くついてきてくれたと思います。


そしてひょんなことから学校に出ることになった私も、よく6年半も続けられたと思います。


子供達の想いを受け止めてあげたい、裏切れないというただその気持ちだけが私を突き動かしていました。



人は自身の存在を必要とされた時、思いの外強くなれるものなのだと思います。


中々経験出来る事のない、貴重な体験をさせて頂いたと思っています。



長々とお付き合い下さいまして、本当にありがとうございました。












































Commented by botanporsche at 2022-09-08 09:20
エエお話やないですか。
スポーツウーマンやったんですなぁ・・
私は運動からっきしダメ!
何せ「ペンチ」ですから。
放っといて下さい。
45歳でカートレースに参戦。
3回/週、コース場に通い、5年間欠けることなくレース出場。
若い子達と知り合いになれました。
Commented by mahoroba-diary at 2022-09-08 09:42
浅羽さん、おはようございます。

今朝は浅羽さんのお久しぶりのご投稿で、私の気分は一気に心温まり、感動して感涙さえしています。

何事も根気よく・・・強靭な忍耐が問われ、なかなか難しいことでもありますが、浅羽さんはこのような時間を貫徹され、義務と責任を全うなさったご経験がおありだったのですね。

『常に強く意識していたことは、子供達に平等である事、そして押し付けないという事でした。』
この一文に、子育て経験のない私ですが、心から共感いたします。最近は子供たちの不登校が社会問題にもなっていますね。部活動の場で、親でも教師でもない、卓球の指導者としての浅羽さんに、指導下にあった当時のお子さんたちはどれほど大きな励み、癒し、心の収穫を得たと思います。

私も昔いくつかスポーツに励んだ時期がありますのでわかるつもりですが、上位の試合に出場したり、試合に勝ったりすることは目標や励みにはなりますけれど、究極の目標や成果というものは、実はそこではなくて、その過程にあると思います。

浅羽さんのご功績、ご経験を伺って、私も学ばせていただいている次第です。
じっくりと時間をかけて醸成することは本当に大切なことですね。
Commented by sonoma0511 at 2022-09-08 11:51
こんにちは~~

最後まで読むまでもなく、浅羽さんだったらどれほど信頼され、慕われて
おられたかと想像できます。
特別優しくそれ以上に厳しい指導者だったと思います。

私は浅羽さんのような人格はどのように培われたのかと思うばかりです。
同年輩として真逆な私は称賛の言葉はどれだけ並べても薄っぺらになります。

ただ一つ共通するとことは、他人の意見や口コミを鵜吞みにしないで
自分の目と心で一人一人を観る(そんなことは書いてなかったかしら?)
どなたにも先入観を持たず公平に向き合うこと。

浅羽さんのその人となりはブログの世界でも根付いて周知のことでしょう。

それがお店の山野草にも息づいています。
長い目で見守る・・・
なかなか出来ないことです。
Commented by mihomelo0112 at 2022-09-08 14:34
素敵なお話ですね。
難しい年頃の子どもたちです。家族や学校の先生ではない第三者だからこそ通う言葉や気持ちがあると思うのです。
自分自身も第三者の大人に助けてもらったし、わたしの子どもたちも然りです。
きっと浅羽さんもそういう存在だったのでしょうね。

お話してくださってありがとうございます。
Commented by kimagure-dog at 2022-09-08 15:33
こんにちは
とても素敵なお話ですね!
思春期の女子を6年半も指導されて、色々ご苦労もあったと思います。
どこの子にも平等!ってとても難しい事ですね。
こちらが平等と思っていても、相手はそう取ってくれなかったり~
大人になっても卓球部の子たちには、素晴らしい学生時代の思い出になっていると思います。
決して華やかではないけど、それぞれ個性がある山野草、じっくり長い目で、人も植物も見守る事が大事ですね。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-08 23:38
ぼたんやさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
はい!バリバリの体育会系なのです。
ごめんなさい、「ペンチ」とはどの様な意味でしょうか⁈
ぼたんやさんも、十分体育会系でいらっしゃいますね。
素敵なお車に乗っていらっしゃいますね。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-09 00:33
まほろばさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
そうなのですよ、望んだとしても中々経験する事のない体験をさせて頂きました。
当時一番不安定な時期であった中学生の女子を相手にする事は、根気のいるものでした。
まほろばさんも過去スポーツに励んでいらしたのですね⁈
何をなさっていらしたのでしょう。
その様に仰って頂きまして、とても面映く思います。
じっくりと時間をかければかけた分だけ、結果はついてくるものですね。
まほろばさんのお暮らしぶりにも、とてもそれを感じます。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-09 01:13
sonomaさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
生徒たちとは、色々な思い出を共有する事が出来ました。
身に余るお褒めのお言葉を頂きまして、現実とのギャップに身のすくむ思いです(汗)
実際の私は、それ程出来た人間ではないのですよ。
sonomaさんは、ご自身の事を過小評価され過ぎだと思います。
仰る通りですね。
sonomaさんは人のことを公正に評価されますし、陰で悪口を仰るなどと卑怯な事は決してされない方です。
山野草は大好きですけれど、草木を育てるって難しいですね。
お父様から譲られましたsonomaさんのお家のゴムの木の様に、すくすく育つ様はとても羨ましいです。
あれはお父様の愛の証ですね。

Commented by gallery-asaba at 2022-09-09 01:48
mihomeloさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
自身の子供にはどうしてもゆとりを持って接する事が難しくても、第三者の立場となると長い目で見てあげる事も出来るものですね。
mihomeloさんも息子さんもお嬢様も、大人の方と関わるご経験をされたのですね。
最近は段々その様な機会が無くなってきましたね。
とても残念な気がします。
その様に仰っていただけます事、心から感謝致します。

Commented by gallery-asaba at 2022-09-09 02:18
めぐままさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
色々な事がありました。
問題を起こす子も中にはいました。
そうなのですよ、平等にと心を配っていてもひいきをしていると訴えてくる子もいました。
でもそれも可愛く思いましたけれど(笑)
子供達は、何故だかわからないけれど卓球の指導をしてくれるおばさん、と思っていた事でしょう。
お世話をしながら、私も成長させて頂いていたと思います。
今回10年以上ぶりに咲いてくれた山野草たちに、忘れかけていた長い目で見る事の大切さを思い出させて貰った気がするのですよ。


Commented at 2022-09-09 07:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by liligohan at 2022-09-09 09:48
写真の小さい白い花
あさばおねえさんのように
小さくても清楚で凛とした強さを感じさせます♡
あさばおねえさんが卓球?(または飛ばし屋ドライバーw)
ってイメージが結び付かなかったけど
このお花たちをみて分かりました♡
小さくて可愛いけど強いのですね。

山口はあさばおねえさんがいて
ラッキーな県です( ^ω^ )
Commented by botanporsche at 2022-09-09 10:14
>「ペンチ」とはどの様な意味でしょうか⁈
カナヅチ(金槌)は柄だけでも木ですやろ?
飛び込んだら、ブクブクと沈みますねん、トホホ。
Commented by refresh-3 at 2022-09-09 11:17
こんにちは。
心温まるよいお話しですね
浅羽さんと卓球クラブが
頭の中で結びつかなかったのですが
読ませて頂く内に ほのぼのとその状況が
伝わってまいりました
6年間 浅羽さんにとっては
ご多忙の日々だったと思いますが
その頃の子供達の表情、頑張りや笑顔が
よい思い出となって心深く残っていることでしょうね
よいお話 有難うございました
Commented by uransuzu at 2022-09-09 14:56
久しぶりに浅羽さんのお話を聞けて、とても嬉しく思いました。
私の好みの植物ばかり、静かで嫋やかな雰囲気だけど芯は強い。浅羽さんに通じるところありますね。^^

今は、先生たちの働き方改革が進み、部活に外部人材を求める傾向があります。
でも、なかなか指導力や人間性の兼ね備えた、外部コーチは見つからないことが多いようです。
浅羽さんのように、生徒の気持ちを慮れる、そしてきちんと言うべきことは言う、そんな指導者は滅多にいない…
貴重な経験をされて、生徒たちにとっても素晴らしい部活だったことでしょう。
Commented by tokotakikuh at 2022-09-09 15:53
こんにちは
すっかり・読みふけりました
そうでしたか?
素敵な時を持たれていたのですね
ボランティア・一言ですまされない時間です

指導者で、子供たちは目覚めるのですね
出逢い・出遭う、その瞬間と、継続が、手に取るように
解ります
だからと言って・出来き、出来きれるものではないということも
でも、本当に・素敵なお話です

母が、70歳まで、卓球を楽しんでました
何が?楽しいのか・私には判らなかったのですが
不思議と、オリンピックや、世界選手権の卓球に
惹きつけられてましたね
決して、華やかなスポーツとはいいがたいのですが
一球に込める気合が伝わります
大きく成長された、子供たちの笑顔がみえそうです

諦めない・・
花も、そうなんですね・・
特に、2年たっても、3年たっても
咲かないものは、諦めますよね
でも、あなた様の惑いに、応えてくれましたね
生き物の力を、垣間見せていただきました


Commented by kamekamerikuriku at 2022-09-09 16:36
こんにちは♪

反抗期、多感な時期に、温厚で生徒のお気持ちを平等に思いやり、お考えになる浅羽さんのお人柄に触れることができてた部員の皆さんはとても幸運だったと思います。浅羽さんはお一人でのご指導はどんなに大変だったことでしょう。僅かではありますが理解できます。

指導者ご本人が強くても、平成生まれのゆとり教育で育っている学生を、今なお根性論で叱咤して潰してしまう指導者は残念ながら存在します。生徒一人一人をご理解、尊重された浅羽さんのご指導に、保護者の立場であった1人として、とても有難い存在であったと思います。
私は過去に剣道部でした。息子も自ら剣道部に所属していました。私は部長の保護者をさせていただき、指導者の方から色々とお話しを伺う機会が多かったです。土日も朝から休みなくご指導してくださって、お会いする度に頭が下がる思いで、お礼の気持ちをお伝えておりました。
指導者と先輩、そして戦う相手を敬う武道の精神をお稽古を通して部員と保護者は学びます。
部活道には、顧問の先生がいらっしゃいますけれど、外部から有段者がご好意でご指導にも来てくださいます。武道あるあるで、学校側はどこも黙認でした。
九州勢はスポーツ全般にお強い印象を持っています。

つい先日、剣道部ご指導の女性先生を囲んで保護者母が集まり会食しました。浅羽さんと重なります♪

浅羽さんご紹介の山野草は我が家の庭にもありまして、やはり咲いたり咲かなかったり‥笑 今年の8月は暑くて、草木を放っておきましたら、とうとうジャングルに。😂私も、いつバッサリ切ろうかしら⁈と毎年夏に思っては〜春になり〜花がつくと、改心します。笑
長くなりました。有難う御座います♪




Commented by strbr_flds_fvr at 2022-09-09 17:05
焦らず、いつもいつも子供達のためになるようにと考え続けられたのですね
複数の子供の面倒をみるという難しいことをよくまあ成し遂げられたことだと
感動しました
色々な個性を持つ植物たちの面倒を上手くみられるのと似ているような・・^^
オカトラノオ、大好きな花です!
Commented by t_hcmoto at 2022-09-09 19:04
山野草の楚々とした美しさに見惚れていたら
卓球部のお話にじいんと感激しました。
今日綴られていることはほんの一部で
いろんなことがおありだったでしょうね。
わたしが言うのも筋違いでしょうけれど
子供達のために
ありがとうございました😭
Commented by bondgirl333 at 2022-09-09 21:25
浅羽さん^_^
こんばんは。
浅羽さんみたいに思いやりのある素晴らしい方に指導して頂いて、子供達は、どれだけ嬉しかったかと思います。
家族だと子供の欠点ばかり目に見えるようですが、第三者だと良いところが見えますね。
浅羽さんだから説得力ありますね。

かなり年齢を重ねた私ですが、浅羽さんみたいな素敵な方を見習います^_^
Commented by yamabousi-28 at 2022-09-09 21:42
思春期の難しい年ごろの子供たち、一般人として最初はすんなり受け入れてもらえなかったのでは。
スポーツはどうしても勝ちたいとか強くしたいという気持ちが前面に出てしまうと思うのですが、asabaさんのひとり一人に対する指導に、子供たちも共感したのでしょうね。
asabaさんにそんな行動的な面があるとは驚きでした。
Commented by chiwari-yuki-y3 at 2022-09-09 21:51
浅羽さんが教えてあげたことは、卓球だけじゃなくて、
人との関わり方や、辛い時にどうするか、気持ちをどう持つか、
その年頃の、揺れ動きやすい、傷つきやすくもある少女たちにとって、
とても大切な教えだったのでしょうね。

どの学年の子たちも…というところで、つい、笑ってしまいました。
微笑ましいです。
生徒さんたち、お食事と遠足、やり切った充実感と共に

きっと、ずーーっと覚えているでしょうね。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-09 22:47
鍵コメ07:00さん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
勿体ないお言葉を頂きまして、恐縮致します。
鍵コメさんも夏の疲れが出られません様、お身体お大切になさって下さいね。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-09 23:19
モモヤマちゃん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
お花に例えて下さるなんて、お花に申し訳ないけれどとっても嬉しいです。
はい!卓球もやりますし、車もブッ飛ばします!
その様に仰って下さって、とても勿体ない事です。
モモヤマちゃんは、山口に中々来られる機会がない様ですね(汗)
外郎が待っていますよ。
どちらのメーカーの外郎がお好きでしたでしょう?
種類も、生もそうでないのもありますものね。
待っていまーす!
Commented by gallery-asaba at 2022-09-09 23:24
ぼたんやさん、ありがとうございます。
やっぱりそうだったのですね⁈
もしかしたらと思ってはいたのですが。
私も「ペンチ」なのです(泣)
Commented by fumi-n0106 at 2022-09-09 23:37
こんばんわ~♪

6年半も、卓球の監督コーチされてたのですね・・・。
時は経ってても子供達の人生に浅羽さんが、しっかりと刻まれてる事でしょうね。
中一の我が家の孫も卓球部で、この夏も何度か試合に行ってました。

もっともっと、お話したい事沢山ありますが最近目の疲れがつらくて、
ブログも,短くしています(>_<)
また、いつかゆっくり・・・。
いつも、イイねありがとうございますm(__)m
Commented by gallery-asaba at 2022-09-10 00:11
suuさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
そうですね6年余りの間、お友達と遊ぶ事も旅行に行く事もありませんでした(汗)
ですけれど、その事が辛いだとも何とも思ったことがなかったのです。
ただ子供達のやる気に応えたいとの思いだけでした。
子供達のことを思い出すと、可笑しいでしょう?
一番に浮かぶのは、その子の卓球のフォームなのですよ(笑)
その様に仰って頂きまして、私の方こそありがとうございます。





Commented by gallery-asaba at 2022-09-10 01:02
てぶくろさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
2日間程皆様のブログにお邪魔出来なかったのですが、その間に大変なことでしたね‼︎
ゴルフボールがお顔に当たるだなんて、信じられないです!
大丈夫でしょうか⁈
せめて目でなかったことが不幸中の幸いでしたね。
お大事になさって下さいね。

そうですね、今は部活動の地域移行へという流れになってきていますね。
私もそこの所を一番懸念しています。
自分自身も関わった事がありながらこの様なことを言うのは憚られるのですが、
指導をするという事は技術面だけには留まらず、内面にも踏み込まざるを得なくなります。
コーチの立場としては、指導していく上で試合に勝たせたいという欲望も当然出てくるでしょう。
その方の資質によって、まだ成長過程にある子供達に与える影響はとても大きいと思います。
全てを踏まえた上で良い方向に導いて下さるコーチと出会える事が大きな課題ですね。
ただ先生方もとても忙しく、部活動の指導までとなるとその負担も相当なものになりますしね。
動向を祈る様な思いで注視しているのですよ。
はい、私もとても貴重な体験をさせて頂きました。





Commented by gallery-asaba at 2022-09-10 01:30
zakkkanさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
その様に仰って頂きますと、とても救われます。
私もあの様な機会がなければ、まず体験する事はありませんでした。
私の方が子供達に背中を押して貰ったのかもしれません。
まぁ、お母様も卓球をしていらしたのですね⁈
そうなのですよ、今では注目される様になりましたけれど、以前タモリさんがご自身の番組で卓球はネクラなスポーツだと言われた事がきっかけで、すっかりネクラなイメージが定着してしまいました(汗)
普段は注目されない、むしろ職員室では目を付けられている子が朝礼で表彰して貰ったりして、
表彰して貰ったの?と聞くと、とても誇らしげな顔をするのです。
その様な経験をさせて上げられた事は、本当に良かったと思います。
そうなのですよ、もう何度撤去しようかと思ったかしれません。
できはしなかったですけれど、今回お花達に改めて教えて頂きました。

Commented by gallery-asaba at 2022-09-10 02:09
お結さん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
その様に温かくご理解頂けますこと、感謝致します。
仰います様に私が指導を受けていた頃は、根性論がまかり通っていました。
今でも根付いている所は多いと思いますけれど。
今では禁止されていますウサギ飛びも罰則として何度もさせられましたし、
他の部の子たちは水を飲ませて貰えず、雑巾をすすいだバケツの汚れた水を堪らずに飲んだという様な事もありました。
お結さんは、剣道部でいらしたのですね!
そして息子さんも!
息子さんが所属していらっしゃいました部は、顧問の先生も外部からの指導者の方もご父兄も、すべてとてもバランス良く協調されていらしたのですね。
素晴らしいですね。
皆様の相当な努力の賜物だと思います。
その様な理想的な形であれば、今言われています部活動の地域移行もスムーズに成立すると思うのですが。
お結さんのお家の広いお庭、お手入れが大変な事と思います。
素敵にしていらっしゃいましたね。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-10 02:50
Luxan2さん、ありがとうございます
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
お優しいお言葉を頂きまして、感謝致します。
一年生から三年生の部員を合わせると、何十人にもなるのです。
ただ一年、二年生の世話は、三年生がするのですよ。
それも先輩としてのなすべき事ですので。
私が練習相手をするのも、時間的に三年生だけで精一杯でした。
ですので生徒達は、三年生になるとやっと自分達の番だと思っていたことでしょう。
そして三年生になると、皆それらしい顔つきや行動になるのですよね。
勝たせる為には、一年生や二年生の中でも強い生徒をレギュラーにしていた学校もありましたけれど、
そうすると三年生の子が出番がなくなってしまいますので、それはしませんでした。
Luxan2さんもオカトラノオがお好きでいらっしゃいますか?
あの素晴らしい造形の美、もうたまりませんね!
私も大好きです。


Commented by gallery-asaba at 2022-09-10 03:10
登志子さん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
温かいお言葉を頂きまして、感謝致します。
6年余りの間には、本当に色々ありました。
学校を揺るがす様な問題を起こした子もいましたし、
カバンにマニキュアを忍ばせていたからと、担任の先生からもっと厳しく指導して欲しいと言われた事もありました。
でも皆話せばわかる子達でした。
そして私もいっぱい喜ばせて貰ったのですよ。
登志子さんもお料理のご指導をしていらっしゃいますね。
人を指導するということは、安易な事ではありませんね。
その様な勿体ないお言葉を頂戴しまして、心から有り難く思います。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-10 03:46
アッコさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
生徒達はまだ中学生ですので、きっと物好きなおばさんが指導に出てきていると思っていたのではないでしょうか(汗)
手を焼いた子もいましたけれど、皆いい子達でした。
良い思い出ばかりなのですよ。
そうなのですよね、家族だとどうしても悪い所ばかりが目についてしまって、広い心で見ることが難しいですね。
それは家族だからこその、愛の想いが強いからという事もあると思うのです。
ですので第三者の方が、長い目で冷静に良い所を見い出してあげる事が出来易いと思います。
アッコさんは、もう十分素敵でいらっしゃいますよ。
ご自身の生活をきちんと管理していらして、しっかりと自立していらっしゃいます。
とってもご立派だと、いつも見習わなければと思っています。
素晴らしいことですね。





Commented by gallery-asaba at 2022-09-10 04:03
やまぼうしさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
そうですね、最初の頃は中には斜に構えた子もいましたよ。
それでも可愛いものでしたけれど。
やはり指導するからには、強くしたい勝たせたいという気持ちがなかったといえば嘘になります。
ですけれど、それより頑張ろうとしている子達一人一人を試合に出して上げたいという気持ちの方が強かったです。
えーっ、私もやる時にはやるのですよ(笑)
やまぼうしさんの山野草にお詳しいのには、いつも舌を巻いています。
いつも沢山の山野草を拝見させて頂きまして、本当にありがとうございます。

Commented by gallery-asaba at 2022-09-10 04:30
yukiさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
その様に温かいお言葉を頂きまして、心から感謝致します。
ある時お友達がたまたま体育館で指導している私の顔を見た様で、いつもと全然違う顔つきをしていたと驚いていました。
それはだって、ヘラヘラとしてはいられませんものね。
でも中には、恋バナをするツワモノの生徒もたまにいました(笑)
そうなのですよ、先輩達が話し合っているのを聞いていたはずはないのに、
どの学年も皆申し合わせた様に、「徳山ボート」とボケてくれるのですよ(爆)
ハイハイ、あなた達もですかって感じでした。
まだ中学生のことですからきっと、物好きなおばさんがやけに熱心に指導してくれていたな、くらいに思い出している事と思います。
私にもとても良い思い出なのですよ。



Commented by gallery-asaba at 2022-09-10 04:44
シフォンさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
まぁ、中一のお孫さんが卓球部でいらっしゃるのですね⁈
良い顧問や指導者が居て下さるのでしょうか?
だと良いですね。
上達されると良いですね。
目の疲れはお辛いですね、なのに長文でごめんなさい。
お大事になさって下さいね。
シフォンさんの先日の記事で、あ、お肉を食べて良いんだと、自分に都合よく反応しています(笑)
Commented by saku-saku-chika at 2022-09-10 12:00
よい記事をありがとうございます。
コメントの多さもお人柄がよくわかります。
ひさしぶりに心持ちがふわっとなりました。
Commented by chobichobi729 at 2022-09-10 20:26
こんばんは。
お久しぶりです。
そそっかしい私は、お恥ずかしいのですが、目を怪我して、不自由な生活をしていました。

反抗期の多感な時期は、我が子でも扱い難いのに、平等に生徒さんたちを思い遣り、相手の事を考えて行動される浅羽さん。
本当に懐が深く、その優しいお人柄に救われた生徒さんたちは沢山みえたと思います。
私が言う台詞では無いのですが、生徒さんたちの為に、一生懸命考え行動されて、本当有難うございました。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-10 23:54
hachiさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
hachiさんは、大変な事に挑戦していらっしゃるのだと感じています。
今はゆるい生活をしている私が偉そうな事を言えた義理ではないのですが、
大事なのは目的に向かう覚悟だとか決意だと思うのです。
勿論結果が出るに越したことはないのだけれど、
避けて通って後悔の気持ちを引きずるより当たって砕けろです。
若くはない年齢になって(ごめんなさい、私よりはうんとお若いですね)、目標があるって素晴らしい事ですね。
よくわかっていないのに、勝手なことを言ってごめんなさいね。



Commented by gallery-asaba at 2022-09-11 00:22
ちょびんこさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
暫くお休みをしていらっしゃいましたので、とても気になっていました。
酷暑の夏で、猫ちゃん達のお世話にお疲れが出ていらっしゃるのではないかと心配しておりました。
目を怪我されていらしたのですね。
出血が酷かっただなんて、本当に怖いです。
私は人間相手ですけれどちょびんこさんは物言わぬ猫ちゃん相手、どんなに大変な事かといつも頭が下がります。
ちょびんこさんからその様に温かいお言葉を頂きまして、心から感謝致します。
私はちょびんこさんの情の深い優しさに、癒しと感動をを頂いているのです。
Commented by tori-obasan at 2022-09-11 05:12
おはようございます、
久しぶりにページが新しく更新,行進、?、にこ。
でも既視感が、はてな?私が昨年初めてごめんくださいませのご挨拶させていただいた山野草ページ❗️
オカトラノオ、半夏生、ようやく開花でしたか
おめでとうございます,
そして、長文の体験記、、、息を飲みました。
卓球、厳しいスポーツとも知らず、小学校の頃箱根のお宿で家族でピーんぽーん!と長閑に興じた初体験、🤣
そうそう、貸し卓球?そんな場所もありましたね、

求められてボランティア、
浅羽様のお人柄ゆえのお話し、じっくり読ませていただきました。ありがとうございました。
Commented by usatyu4 at 2022-09-11 08:11
おはようございます。いいお話読ませていただきました。
お店をされておられるだけと思っていましたが
そのようなことがあったのですね~。
私はスポーツは全く縁がなかったので、初めて知った
ことばかりです。
Commented by Hsro3-yayss at 2022-09-11 08:43
こんにちわ
最初は育てているお花の紹介が出ていたから、何時ものように
読ませて頂きました。終わりかなあと思ったら、卓球が出てきて驚きました。
私はお料理が得意で素敵な洋服の着こなしをされている上品な姿しか想像して
いないから、驚きました。運動神経も良いんですね。
私は自分が運動神経鈍いから、羨ましく思いました。
多感な年頃の生徒の指導を六年間もされたなんて想像出来ません。
泣いたり笑ったり起こったりの繰り返しだったのかなあ?
貴重な経験をされたと思いました。
素晴らしい人生経験を読ませて頂き、ありがとうございます。
Commented by tourtour0922 at 2022-09-11 09:44
こんにちは(^^)/
卓球のご指導をされてたのですね!
女子中学生は難しい年頃ですから、いろんな思いをされたのでしょうね。保護者も本当にいろんな人がいますよね。びっくりでは済まされない感情になることが私もありました。
でも情熱があるからこそできることだと思います。素敵です!
教わった生徒さんたちの心に、一生残り続ける言葉や姿勢を残せる方って本当に尊敬します。

部活動の指導に関しては、民営化など世の中もだいぶ変わってきていますが、根本は子どもの成長を願う気持ちであってほしいなと思っています。
Commented by ho-joan at 2022-09-11 11:59
浅羽さん、こんにちは(^-^)

お忙しいですのにいつも「イイネ」を有難うございます。
山野草、楚々と咲いてる姿が大好きです。
何年もお花をつけなかった植物がお花をつけた時の嬉しさはたまりませんよね。
こちらの気持ちや言葉を理解している木々やお花たち・・・一生懸命生きていますね。

浅羽さんはスポーツウーマンさんでしたか・・・
読ませて頂いて、浅羽さんの温かいお人柄に感動しました。
ブログを通じてだけしか存じ上げませんでしたが、やっぱりお気持ちの温かい方だと再確認いたしました。
良いお話を有難うございました。  ぶりん
Commented by NT-patientless at 2022-09-11 19:49
この記事読んで「あっ、これって私達のこと!」って気付く
その卓球部の元生徒さんらが居はったらエエのにな
付き合いも途絶えてるみたいやしギャラリー浅羽さんと
当時のコーチを結び付けるのは、ちょっと難しぃかもやけど
もし元部員さんらが懐かしがってコメントして来はったら
何んか嬉しぃですやんね🤗

by運動神経ゼロで通知簿はずっ~と体育2やったNT
(一回「1」付けられた事もありましたわ😂)
Commented by gallery-asaba at 2022-09-11 22:51
ひよさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
そうなのですよ、10年以上も経ってからです!
この様な事もあるのですね⁈
大感激でした。
長くなってごめんなさいね。
そうですね、以前は卓球場が割合沢山ありましたね。
そして旅館やホテルにも卓球台が置いてあって、ピンポンは気軽に楽しめるスポーツとして浸透していましたね。
色々な事がありましたけれど、私も一緒に成長させて頂きました。
その様に仰って頂きまして、心から感謝致します。

Commented by gallery-asaba at 2022-09-11 23:47
SUMOMOさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
お店を始めたのは、ここ20年程前の事なのですよ。
卓球の指導をしていた頃は、まだ若かったです(遠い目)
私も学生時代にたまたま入部して始めただけで、卓球以外はスポーツには縁がないのですよ。
それが何故だか子供達を指導する様な事になりました(汗)
その様に仰って頂きまして、心から有り難く思います。
SUMOMOさんのお庭のお花や苔も、とっても美しいですね。


Commented by gallery-asaba at 2022-09-12 00:06
理恵さん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
卓球の話しになってからが長かったですよね、ごめんなさいね。
決して上品なんかではないのですよ(笑)
体育会系ではありますけれど、運動神経が良い方ではないのです(汗)
そうですね、多感で精神的にも不安定な時期でしたから、目が離せませんでした。
本当に中々経験出来ない様なことを体験させて頂いたと思います。
その様に仰って頂きまして、心から感謝致します。

Commented by gallery-asaba at 2022-09-12 00:30
tourtour0922さん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
6年余りの間には、色々な事がありました。
ですけれど、子供達を可愛いと思う気持ちで続ける事が出来ました。
その時は必死でしたけれど、良い経験をさせて頂いたと思います。
そうですね、外部の者が関わるという事は、色々難しい問題をはらむ事になると思います。
一番に願う事は、子供達の健やかな成長ですね。
tourtourさんも、いよいよですね!
起業をされるという事は、一大決心でいらしたことと思います。
良くお勉強も研究も努力もされていて、素晴らしいですね。
その熱意があれば、きっと大丈夫です。
成功されます事、お祈りしておりますね。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-12 00:52
ぶりんさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
ぶりんさんの素晴らしいお庭にも、沢山の美しいお花が咲いていますね。
お庭が広くてとても羨ましく思います。
本当にそうなですよ、まさか10年以上も経って咲いてくれるとは思ってもみませんでしたから、
今まで悩んでいた事が申し訳なく反省して、謝ったのですよ。
私、出来るのは卓球だけなのです(汗)
大変でしたけれど、沢山の思い出があります。
そして私も一緒に成長させて頂いたと思っています。
その様な勿体ないお言葉を頂きまして、心より感謝致します。

Commented by gallery-asaba at 2022-09-12 01:38
NTさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
私、一旦山口を離れましたでしょう?
その時は又山口に戻るとは考えていなかったのですよね。
そしてその当時とは住まいも変わっていますし、まるで以前とは違った生活をする事になりましたから、子供達も忙しくしているでしょうし連絡を取る事はしなかったのです。
もしそのまま関わっていたら、その後の皆のことがもう気になって仕方がなかったでしょうね(汗)
今お付き合いしている人達は、私が卓球の指導をしていたなんて殆どの人が知らないです(笑)
でも時には、皆どうしているかな、どの様な人生を送っているかと思うことがあるのですよ。
NTさんも運動は苦手でいらしたのですか?
大丈夫です‼︎  (何が?)
私も運動神経は決して良くなくて、卓球だけなのですよ。
ドッチボールなんて、あんなにピン球の何倍も大きいボールを投げつけてくるでしょう?
それを取るどころか、蛇に睨まれたカエルの様に、毎回ただ立ちすくんで当てられるだけなのですよ(号泣)
あぁ、恥ずかしい‼︎
私も体育の成績は良くなかったですよ。
なのにどうして卓球だけは出来たのでしょうね、不思議です。


Commented by hanaakari108 at 2022-09-12 11:25
浅羽さん こんにちは

いつも拙い私の記事にイイネを頂き嬉しくとても感謝しています。
久しぶりに更新された浅羽さんのブログ記事をゆっくり
何度も読み返させて頂き、多くの事に共感しそして感銘を受けました。
山野草も気候や環境の変化などで毎年同じように開花するとは限らないようですね。
でも諦めずに待っていればいつか再び開花して私たちの目を楽しませてくれる。
何事にも時には気長に待つことの大切さを教えていただきました。

そして浅羽さんが30歳後半に関わった卓球部のコーチとしての活動に心を打たれました。
6年余りの浅羽さんがコーチをされている間、浅羽さんの心の軸はけっしてズレることがなかったのだと感心しました。
卓球の指導力も抜群、生徒たちからの人望も厚く人柄も素晴らしい浅羽さん!
そして何より信念をもって生徒たちと向き会ってこられたのだと感じます。
一期一会、卓球部の生徒さんたちには素晴らしい浅羽さんに出逢えて幸せでした。

また公式戦以外の試合を浅羽さん一人で引率されていたことに驚きました。
私は今、縁あって公立小学校で学習支援員として働いているのですが、今の学校では
外部からの指導者だけの引率は、事故やトラブルなどの責任問題も鑑みて
許可されないことが一般的で必ず教諭が引率する形になります。
それを思うとどんなに浅羽さんが学校側から信頼され大切な役割を果たされていたかが分かります。
良いお話を聞かせて頂きありがとうございます。
私が今している仕事は小学生相手ですが生徒たちから信頼される先生に
なれるように日々頑張ろうと改めて思いました。あかり

Commented by blue721b at 2022-09-13 00:11
久しぶりのご投稿に気付くのが遅くなり
嬉しいのに悔しい (^^)

山野草は心が和むお便りです

さて 第三者の部活指導
どれほど大変だったろうかと思います
それと同じくらい
子ども達には嬉しい存在だったろうとも思います
多感な時期の子ども達を心身共に支える事は
とても荷の重い事ですね
それでも 子ども達からの信頼が原動力だったのかもしれませんね

私は部活指導者が教師でなくていいと思うのです
勝つ事に重きを置いて
行き過ぎる指導があるのはどうかと思いますが
教師や保護者の他に子ども達の心の拠り所があるのはとても貴重なことだと思うのです

この6年半に関わって来られた子ども達は
平等に扱われて 幸せな子達だと感じました
多方面に気を遣われて 緊張の日々だったでしょう
そのご褒美は当時 子ども達が慕って来る事ですね

asabaさんのその穏やかさと
芯の強さと 心の広さ
お母様はどんな風に育てられたのかと
いつも 思うのです
いつか お母様のことも聞かせて下さいね

貴重なお話が聞けて 嬉しい投稿でした
また 楽しみにしています(^^)

Commented by gallery-asaba at 2022-09-13 00:14
あかりさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
そうなのですよね、まさか10年以上も経ってから咲いてくれるとは思ってもみませんでしたので、毎年どうしたものかと心砕いていた事が申し訳なく、お花達に謝りました。
身に余る沢山のお褒めのお言葉を頂きまして、本当にありがとうございます。
とっても勿体無く思います。
そうですね、学校はきっと黙認してくれていたと思います。
私としましては、もし何かが起きた場合勿論全て私の責任ですけれど、責任を取って済むものでもありませんので、常に緊張状態でした。
6年余りの間何事も起こらなかった事は、本当に幸運だったと思います。
そしてお休みの日もお弁当を作って送り出して下さったご父兄の皆様も、良く理解して下さっていたと感謝しています。
陽の当たる機会のある子は又その様なチャンスもあるかもしれませんけれど、普段目立つことのない、むしろ職員室では目を付けられている様な子が試合に勝って、朝礼で表彰して貰ったの?と聞いた時、ちょっとはにかみながらとても誇らしい顔をするのですよね。
そんな時、私まで誇らしい気持ちになりますし、関われた事に喜びを感じます。
あかりさんも、今は小学校の学習支援員をしていらっしゃるのですよね。
時代は移り、今の小学生のご指導も中々大変な事と思います。
以前あかりさんが確かご自宅でお教室をしていらしたと思うのですが、生徒さんとの交流を綴っていらっしゃいましたのを拝読して、心打たれました事を覚えています。
その時に、この様な方に教えて頂ける生徒さんは幸せだなと感じました。
あかりさんこそ、間違いなく指導者として相応しい方だと確信します。
子供達は自ら選ぶ事はできませんので、あかりさんの様な先生に出会うことが出来た子達は本当にお幸せだと思います。
今は昔と違って、学校の先生もとてもやり難い大変な世の中になっていると思います。
そして真面目に一生懸命取り組む先生ほど、追い詰められていらっしゃる様に感じます。
どうぞお身体大切にされて、頑張りすぎない様になさって下さいね。




Commented by gallery-asaba at 2022-09-13 02:39
blueさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
その様に仰って下さいまして、私の方がとても嬉しいです。
10年以上も経って咲いてくれたお花達に、感謝の気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいなのですよ。
そうですね、何十人もの生徒を相手にいくら私がその気になって頑張っても、子供達がついてきてくれなかったらとても続けられるものではありませんでした。
子供達の強くなりたいというやる気に押されて、私も頑張れたと思います。
今は部活動も、地域移行という流れになってきていますね。
先生方もとてもお忙しいですし、部活の指導までとなると負担も相当なものになります。
ただ自分自身もその立場にありましたのでこの様なことを言うのは憚られるのですが、指導をするという事は技術面だけには留まらず、内面にも踏み込まざるをえなくなります。
又指導をしていく内、どうしても勝たせたいという要望も強くなってくる事でしょう。
指導者の資質によって、まだ成長過程にある子供達に与える影響はとても大きいと思います。
その様な事を全て踏まえて、バランスのとれた良い方向に導いて下さる指導者に出会う事が大きな課題ですね。
自分のことを棚に上げて、偉そうなことを申しました(汗)
多感な時期でしたので反発したり贔屓をしていると訴えてきたり、色々ありましたし目も離せませんでしたけれど、結果話せば皆理解してくれましたし可愛い子達でした。
blueさんもお教室を開いていらっしゃいますので、教える事の大変さはご経験されていますよね。
ですけれど、教えることで自分自身も成長させて頂けますね。
私は仰って頂きます様な、決して出来た人間ではないのですよ。
愚痴も言いますし、不満も言います(汗)
でもいいですよね、人間なのですから。
やる時にやれれば良いですよね(自分に甘い!)

Commented by HiroPhoto1690 at 2022-09-13 18:08
こんばんは^^

オカトラノオも半夏生も処分しなくてよかったですね。
鼻は咲くのをじっと待つのですね。
咲くタイミングはわからないと言うことですね。

そうですか、卓球の指導をされていたのですね。
スポーツの技術だけを教えるのだけではなくて、人間としての行き方も伝えないといけないので大変だと思います。
わかってくれる子、わからない子、それぞれなのでしょうね。
同級生にも教員が何人かいますが、皆大変そうです。
いろいろなやり方があるでしょうが、やはり勝つことの嬉しさを子供達に味あわせたいですね。
Commented by iyim2012 at 2022-09-13 19:02
こんばんは~
猛暑の中で、外の植物も弱っている我が家ですが、緑豊かな山野草たち、生き生きしてらっしゃいますね。

6年間、貴重な経験の日々だったのですね。
中学生と言えば多感な時期なので、ご苦労も気も使われた事もおありだったと思います。
でも一人一人分け隔てなく接していらっしゃって、子供達がそれを一番よくわかっていたみたいですね。
またギャラリー浅羽さんも、学ばれた事も多かった事だろうと思います。

懐かしい思い出話、ほのぼのとした気持ちで拝読させていただきました。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-14 01:37
HiroPhotoさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
処分はとても出来ませんでしたけれど、今の限られたスペースからは撤去する事を何度も考えたのですよ(汗)
本当に申し訳なく思います。
そうですね、まさか10年以上も経ってから咲いてくれるとは思いもしませんでした。
技術指導だけでしたら、それ程難しい事ではなかったのですけれど。
手のかかる子、かからない子、色々でした。
とっても思い出深いです。
そうなのですね、お友達に教員の方がいらっしゃるのですね。
今は昔の様に、「先生」と単純に敬われるお仕事ではなくなりましたね。
一生懸命取り組めば取り組む程、大変なお仕事だと思います。
スポーツの経験のないお友達から、勝たせる必要があるのかと言われた事がありました。
やはり負けた悔しさや勝つ喜び、充実感を味わってこそやり甲斐も感じますし、中途半端な中ではそれは生まれて来ない事だと思います。
出来るなら、その様な経験をさせてあげたいですね。

Commented by gallery-asaba at 2022-09-14 02:17
ユミさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
そうですね、雨も少なかったですし今年の猛暑は草木たちにも堪えました。
お写真はたまたま雨が降った後で、潤っている時なのですよ(汗)
そうですね指導で学校に出ていた期間は何かがあれば即責任問題になりますから、いつも緊張状態でした。
子供達を預かるという事は、そういう事ですものね。
私としましては、子供達に対して常に平等に、を心掛けていましたけれど、
時には贔屓をしていると訴えてくる子もいました。
でもきちんと答え説明をすると、得心して満足げに帰っていくのです。
可愛いものでした。
6年余りの間には色々な事がありましたけれど、人に教えるという事は同時に自身も学ぶという事になりますね。
沢山の思い出も出来ましよ。
貴重な体験をさせて頂いたと思っています。
ユミさんにその様に仰って頂きまして、本当に有り難く思います。



Commented at 2022-09-15 23:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-16 01:12
鍵コメ23:37さん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
鍵コメさんも卓球をしていらしたのですね⁈
6年間もしていらしたら、お上手だった事でしょうね。
子供達の頑張りに、背中を押されていたのだと思います(笑)
大学生のコーチが居て下さったなんて、ラッキーでいらっしゃいましたね。
そして未だに良好な関係でお付き合いが続いていらっしゃるだなんて、素晴らしいことと思います。
充実した学生生活を送られました事、本当に良かったですね。
そうですね、喜びも悲しみも子供達と一緒に共有していました。
とっても濃い時間だったと思います。
その様に仰って頂きまして、本当に有り難く思います。
鍵コメさんも、どうぞご無理されないで下さいね。


Commented at 2022-09-18 15:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2022-09-18 16:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-18 23:42
鍵コメ15:48、16:03さん、ありがとうございます。
お邪魔致しますね。
Commented at 2022-09-19 08:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gallery-asaba at 2022-09-19 22:23
鍵コメ08:55さん、ありがとうございます。
その様に仰って頂きまして、とても有り難く存じます。
幸い予想に反して大した事なく通過しました。
鍵コメさんの方は如何でしょうか。
影響がないと良いのですが。
最近はコメント欄を閉じていらっしゃいますね。
又時にはオープンして下さいませね。
お優しいお心遣いに、心から感謝致します。
本当にありがとうございます。

Commented by olive07k at 2022-09-24 11:05
浅羽さんの私の中のイメージが
お嬢様にお育ちになり
静の雰囲気とお見受けしておりました

卓球のコーチをされていた 経験で
ガッツな精神をお持ちな方なのだと!

山野荘
鉢植えながら
見事に魅せてくれてますことo(^-^)o
Commented by gallery-asaba at 2022-09-25 00:29
saraさん、ありがとうございます。
長い記事をお読み下さいまして、本当にありがとうございます。
わたくし、バリバリの体育会系なのですよ(笑)
森のお家から戻って来られましたのですね。
saraさんの森のお家には、沢山植える場所があって良いですね。 
とても綺麗なお花が咲いていましたね。
お店の横のスペースは狭くて、余り置けないのです(汗)
今年はお花は少なかったのですが、それでも10年以上も経ってから咲いてくれたのには、大感激でした。
本当に嬉しかったです。

by gallery-asaba | 2022-09-08 00:47 | Comments(69)